有償サービスの利用

2008123110957_5.jpgいろいろな市販ソフトを試しても、HDDデータ復活が困難なケースがあります。
重大の論理障害が発生したような場合、市販ソフトでHDDデータを復活させるのは恐らく無理でしょう。
また、物理的にハードディスクが相当なダメージを受けて傷が付いたり破損してしまったような時です。
専門の設備や技術を持たない人が、HDDを分解してクラッシュしたハードディスクからHDDデータ復活を行うことは不可能です。

そのような場合は、HDDデータ復活のサービスを行っている専門業者に委託して有償でデータを取り出してもらうことが最終手段となります。
個人では、費用がかさむために依頼するのは一般的ではありませんが、法人のユーザーを中心にこれらの有償サービスを受けているようです。
法人では運営上必要不可欠なデータであるので、費用をかけてでもHDDデータ復活しなければならないことが起きます。

これらの有償サービスは、専門の設備や技術を駆使して行う訳ですから、市販ソフトよりかなり高額となるのは仕方ありません。
故障状態にもよりますが、数万円から数十万円の費用がかかります。
そのため、復活したいHDDデータファイルの重要度と、それが復活できない場合の損失とを天秤にかけてサービスを受けるかどうか判断することになります。

ただし、費用をかけたからといって必ずデータが復活できる保障はありません。過大な期待はしないようにしましょう。
また、委託先の設備や技術力によってもHDDデータ復活の割合が異なってくるでしょう。業者選びも重要なポイントです。
メリットやデメリット、費用などさまざまなことを考えて決断してください。

posted by サム | 復活法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。