市販ソフト

s_2008123110956_2.jpgWindowsでは、HDDをフォーマットしてしまうとデータは全く読み出せなくなってしまいます。しかし、市販ソフトを使うとフォーマットされたディスクからデータを復活させることが可能です。
フリーソフトにもHDDデータ復活ができるものもあるようですが、市販ソフトは有償なだけにフリーソフトにはない使い勝手と機能を備えています。

市販ソフトには、使用目的によってさまざまなHDDデータ復活用のソフトがあり、価格も異なります。
市販ソフトが備えている機能を挙げてみると
(1)ごみ箱から削除されたファイルを復活させる機能。
(2)復活ができないようにデータを完全に削除する機能。
(3)クイックフォーマットされたHDDからデータを復活する機能。
(4)完全フォーマットされたHDDからデータ復活する機能。
(5)差分バックアップする機能。
などがあります。

高価なソフトであればこれらの機能を複数あるいは全部が使用できるようです。
ごみ箱から削除されたデータの復活がしたいだけであれば、安価なソフトで可能です。多機能のソフトを購入する必要はありません。
セキュリティを重視しているのであれば、HDDを廃棄する際にデータ復活できないようにする機能がある商品を選んだほうがいいでしょう。
置かれている状況や、必要とする機能、そして購入資金とを考えて最適なソフトを選択してください。
posted by サム | 復活ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HDDデータ復活の可能性

s_20081230205554_2.jpg大事なファイルを間違って消してしまった、いつの間にか読み出せなくなってしまったという経験は誰にでもあると思います。
消えてしまったファイルが、消えても問題ないものであれば気になりませんが、大切な資料だったら困ります。

しかし、たとえファイルが削除されたとしても、通常はディスクが物理的に破壊されるまでは、HDDデータ復活の可能性は大きいのです。
破棄したパソコンや中古パソコンからデータが読み取られた、という話はよく聞きます。

これは、たとえフォーマットしたディスクであってもデータが読み出せるのだという証拠です。
削除され、あきらめかけていたファイルも適切な処理を実施すれば、HDDデータ復活ができる可能性は十分にあります。

ファイルが破損し読めなくなる原因としては、いろいろなケースがありますが、大別すると2つです。
1つはユーザーの不注意によるもの、もう1つはウィルスの感染に代表される外的要因によるものです。

そして、ファイルの消滅で最も多いのがユーザーの不注意によるものです。
ごみ箱から削除してしまった、間違ってフォーマットしてしまった、動作中に電源を抜いてしまった、落としたなど物理的なダメージを与えてしまった、などがあります。

しかし、削除されたファイルでも、専用ソフトを使えばデータ復活は可能です。
同様にフォーマットされたHDDのデータ復活をするソフトも市販されています。
そして、ウイルス等の影響で開かなくなったファイルも拡張子の変更やアプリケーションソフトの変更でHDDデータ復活できる可能性が残っています。
posted by サム | 復活ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。